レディースレイクで借りたことがあります。

基本的に、お金を借りるということはしないことにしています。特に、友人を含め、他人や消費者金融などリスクの高い借金はしません。ただ、例外はあって、どうしても仕方のない借金、つまり住宅ローンは銀行で借りました。ローンはきっちり返して、早期返済して完済しています。
あと、親には借金をしたことがあります。やはり住宅がらみで、家のリフォーム代を借りました。子供が産まれたのでリフォームしたので、出産お祝いということで、返済しなくてもいいと言われました。父には感謝しています。あとは、住宅ローンの一括返済をして月々の支払額を減らしたかった時に、ある程度まとまったお金を借りてそれを一括返済にあてました。親だと、ついつい甘えてしまうところがありますね。こちらは後で返済しています。
親以外には、兄弟にも借金はしません。他人とは絶対にお金の貸し借りをしない主義で、友人であろうとも、決してお金を借りることはしません。「お金の貸し借りをすると友情が壊れてしまうから。」とは、親に教えられてきたし、いろいろな人に言われてきたことです。もちろん、「ちょっと交通費ないから貸して。」と言われて貸したこととか、居酒屋で飲み会をした時に、返してもらうつもりなしに飲み代を貸してあげたりしたことはあります。私のほうも、「出世払いでいいから。」と言われて食事などをおごってもらったことはありますが、ともかくそういった少額のやり取り以外には、まとまったお金の貸し借りはしていません。
消費者金融とか、キャッシングは本当に本当に最終手段だと思っています。以前どうしてもパーティに着て行く服が無くて、でもパーティ代を親に借りていて、これ以上借りることが出来なくて、服を買うお金がない!!その時は人生で初めてキャッシングを利用しました。レディースレイクっていう女性専用のキャッシングです。レディースレクのほかにもお金を借りれるところはありますが・・・

参考にどうぞ・・・服を買うお金

レディースレイクを利用したことは親にも誰にもバレていませんが、物凄く後ろめたい感じはありました。すぐに返済はしたので利息もそれほど付くことはありませんでしたが、それでも元金よりかは返済しないといけないので勿体ないですね((+_+))

キャッシングって悪いイメージを持っている方も多いとは思いますが、目的を持って、返済計画がきちんと立てていれれば、それほど怖いイメージではないとこの時は感じましたね。

 

お金がなくてもなんとかなることもある

お金がなくて困ってしまう、そんな経験は当然あります。
そんなとき、私が真っ先に思い浮かべるのは”節約”です。如何に支出を抑えるのかですね。
食費やら交通費やら、雑費交遊費まで全て書き出し、削れるところを削っていきます。
既に支出が決まっているところを減らしていくことで、使えるお金が増えます。
次に考えるのが、今後出て行くであろうお金を、使わずに同等のことが出来ないかどうかです。
例えば休日に出かける際、普段は車を使って遠出しているところを、近場の公園にかえて散歩などを楽しむ等。
案外地元でも良い場所はあるもので、1度や2度の外出であれば代用が効きます。当然昼食などは持参し、食費もまとめて浮かせてしまいます。
そういったことをやっても、どうしてもお金の工面が出来ない場合は、月々の固定された支払いのうち、融通がきくものを選び、支払いの期限を後ろにずらしてもらいます。
企業が同じことをやってしまったら信用を失ってしまいその後の取引に影響が出てしまいますが、個人で契約している相手であれば多少の事情は汲んでもらえます。
とはいっても期間を延ばすだけなので、しっかりとお金を工面する必要はあります。
日頃貰っている給料ではどうしても足りなくなってしまった場合は、オークションを使い不要なものを売却するか、ネットを通して自宅で出来る副業を探します。
絶対にやらないのが消費者金融や知人などからお金を借りるということです。
一度お金を借りることに慣れてしまうと、繰り返しお金を借りるようになってしまう傾向にあるようです。
知人の中でも、何名かそのような人たちを見てきたので、極力人に借りるということはしたくないです。
不要なものがなくなってしまったり、これ以上副業などでも収入が見込めない場合は、日雇いのアルバイトに出るのも一つの手です。
現場仕事や体力勝負なものであれば、比較的日雇いなどの仕事も見つけやすいので、急ぎであっても何とかなります。
それ以上にどうしようもないことは今まで無かったのでわかりませんが、おそらくお金を借りるという行為は全ての手を出し尽くした後の最終手段でしょうね。すぐに作ることのできるクレジットカードを発行してもらうことも考えるかもしれませんね。基本カードは持たない主義なので・・・・※今すぐクレジットカードが必要※即日発行・年会費無料クレジットカード
とにかくなんとか出来る方法を探します。

 

消費者金融のことを知ってから借りよう。

高金利に決まってる、という固定観念にこだわったりせずに、消費者金融に関して比較することで色々と見えてくることもあります。審査の結果に加え選んだ商品次第では、相当な低金利の条件で借り換えすることができる場合だって時々あります。
どこに決めれば無利息という夢のような金利で、消費者金融から借金をすることができるのでしょう?確実に、あなたも関心を持っているのではないでしょうか。そういうわけで、着目してほしいのがテレビのCMや広告などでなじみのあるプロミスです。
お金を借りるところをどこにするかであれやこれやと悩んでしまうものですが、なるべく低金利にてお金を貸してもらいたい場合は、今日びは消費者金融業者も候補の一つとして付け加えてはどうかと本気で思っています。
即日融資とは何かというと、申し込んだ当日に直ちにお金を貸してもらう事が出来るという制度です。一番最初に消費者金融業者に申し込みをする場合は、元より金融機関への申込が不可欠となることを知っておきましょう。
消費者金融系のローンに注目して、キャッシングに関することを比較した結果を掲載した有用なサイトです。また、キャッシングのあらゆる件に関わる情報を集めたコンテンツもたくさん掲載しています。

 

低金利のところに限って、独自の審査基準がより厳しくなっているのは明白です。色々な消費者金融業者一覧で見られるようリスト化して載せていますので、まずは審査を申し込んでみたらいいのではないでしょうか。
キャッシングに関わる情報を比較する際は、迷わず良質な消費者金融比較サイトで検索するようにしてください。時折、悪質な消費者金融をお勧めであるかのように掲載する剣呑なサイトだって存在しています。
無利息の期間が存在しているキャッシングやカードローンは多くなってきていますし、今の時代は誰もが知っている消費者金融系の金融会社でも、相当な長期間無利息にしてしまうというところが出てきているようでただただ驚くばかりです。
無利息の返済期日までに全て返すことができるというのであれば、銀行が提供する安い利息での融資を利用してお金を手に入れるよりも、消費者金融がやっている無利息のキャッシングサービスで貸付を受ける方が、有益です。
低金利でキャッシングしてくれる消費者金融会社をランキングの形で比較したものです。少しでも低金利に設定している消費者金融の業者を選んで、上手な借金ができればいいですね。

 

ネット上でも色々な消費者金融を比較したサイトがあり、概して下限金利、借入限度額に関係することをベースとして、推奨ランキングとして比較を載せているサイトが多いようです。
「あと一歩で給料日!」といった方のための小口の融資では、利息ゼロ円で融資を受けられる見込みが間違いなく大きいので、無利息である期間が存在する消費者金融を有効に活かしていけたらいいと思います。
ネット上の検索サイトで検索すれば辿りつける消費者金融業者に関する一覧には、金利のことや限度額についてなど、ローンやキャッシングに関係する詳しい知識が、比較しやすいように一まとめにされています。
現在においての借金がすでに4件を超えてしまっているという方は、明らかに審査がきつくなります。殊に名の通った消費者金融会社ではより辛口の審査となってしまい、落とされることになりがちです。
色々な消費者金融を一覧にまとめて見やすくしました。早急にお金を用意しなければならないという方、二カ所以上の会社での借入金を一つにまとめたいと思っている方にもお勧めします。銀行系列の金融業者のカードローンも紹介しているので合わせてご覧ください。また、専業主婦や水商売をしている方が自分はお金を借りることができるのかという質問を受けます。専業主婦の方は銀行系で借入をすることができ、水商売をしている方でもきちんと収入があるのであれば借入をすることができます。ちなみに、ホストをしている方ならこういったところで借りることができますよ→参照:http://xn--t8j0gd0a1rjd5fu79yut7g.com/

 

自分を美を保つための秘訣

私は昨年の就職を期に一人暮らしをはじめました。

自分好みの空間にするために自分の好みの家具(http://xn--68j5et79gjvad4hw5ty8r.com/)を購入してとても自分的には居心地のいい家となっていて毎日心穏やかに過ごすことができています。汚くて湿気の多そうな部屋で過ごしているだけで綺麗からかけ離れて行きそうですもんね・・・

まず、美を保つ為に、体の中からきれいにしていくことを心がけています。
老廃物をためないことや、乳酸菌を多く撮ること、バナナを毎日1本食べる事。
バナナは表面が黒くなりかけている、熟成されたものがお勧めです。
バナナには、新しいもの、皮に変化を持つように栄養素も変わります。
黒っぽくなったバナナには、認知症予防と老廃物をためないという理由で続けています。
勿論、食事に置き換えてはいません。

そして、乳酸菌は肌をきれいに保つ効果があります。
出来れば、味のしないプレーンなヨーグルト、はじめはそっけないかもしれませんが、味がないものになれるとおいしく食べられます。
あと、ビタミンCサプリを1年中飲んでいます。
紫外線対策と、鉄分を補助する食品なので、欠かしません。
おかげさまで、肌の色は白くしみなどはありません。
「肌がすごくきれいですね」と言われるのがひそかな喜びです。

後は、ヨガをやっています。
心と体のリセットが大事なのと、体系が変わります。
体が硬くても、ちゃんとできるので続けております。
ウエアを選ぶのも楽しみの一つになっております。

また、髪も気を付けております。
出来るだけ、顔かたちがきれいに見える長さ・スタイル・カラーを維持しております。
ですので、思いつきで切ったり、ということはしないようにしています。
ヘアースタイルで、全体の清潔感が表現できます。
また、上品に見えたりもしますので、女性には大事かと思います。

どちらかというと、顔については、特別なものを塗ったり、付けたり、加工したりということはしておりません。
お化粧についても、ほとんどしていない日が多いですし、たまにするときも、ごくごく薄いです。

見栄えより、体の中からの健康を大事にしています。

 

いつもで借りれる安心感…でもなくてもいいのでは…

消費者金融のイメージは、法律の改正で一時の借りろ!借りろ!簡単だから借りろ!という煽りCMはなくなったため、比較的クリーンなイメージがあります。
CMに起用しているタレントが元々好感度が高い方が多いため(バナナマン、永作博美etc)、お金を借りるイメージが希薄で、安心感を前面に押し出したポジティブな印象を受けます。実際に給料日前など、手持ちの現金が心もとない事態では、心強い味方であるし、緊急時に何度がお世話にもなりました。
特に、アコム・プロミスなどの大手はATMの数も多く、都会であればまず困る事はありません。また、土日にも借入をすることができるので急にお金が必要となった場合や仕事で平日に申し込み等が困難な場合にはアコムやプロミスでは借りることができるので便利ですね。※借り入れ土日※土曜日・日曜日・祝日でもお金を借りれるローン業者
ただ、やはり、金利の高さなどを冷静に見ると、これほどの暴利は他の国にもなく、大変珍しいものと感じます。一時の借り入れのために、年利1割~2割というのはやはり異常に見えます。
若い頃に一度、10万円を一気に借りましたが、貧乏であったため、毎月元金+α程度しか返済できず、結局完済するのに1年以上かかったことがあります。
企業自体も、その日のお金に困る若い世代をターゲットにしている印象もあり、一歩間違えれば多重債務者や延々と金利を払い続ける者が、大量発生し、いかにも若者の無知を利用した商売。と疑いの目を向けられそうです。
本来であれば、自分で稼いだ分で生活するというのは、当たり前のことで、身の丈にあった生活というものを身に着けていかなくてはならないのですが、こういったシステムがあることで、自分の基準が不明瞭になり、うまく自立できない人が続出しているのかなと思いました。

私自身は、本当にお金に困ったために借入を利用したのですが、ギャンブルの為やただの浪費で改善する余地があるのにも関わらず借りている人たちは借金地獄的なことになっていくんだろうなと思います。

クリームシチュー 

昨日は昼間は暖かかったんだけど、夜は寒かったのでひさしぶりにシチュー作りました(^◇^)

 

 

妻であり母である私が寝込むと大変!

普段、多くの家事育児をを担っているのは私です。二人の子どもがまだ小さいので専業主婦をさせてもらっていますし、それは有り難く思っていますが、家計は一馬力なので楽ではありません。
そんな我が家ですが、私がつい先日、下の子どもの風邪をもらってしまい発熱。二日ほど寝込んでしまいました。
ちょうど週末だったので、夫が家事と育児をこなしてくれたのですが、慣れないこともありそれは大変。
あっという間に部屋は散らかり、洗い物の山ができました。
でも、それより大変だったのが出費の方でした。
私が静かに横になれるようにと公園に子どもたちを連れ出してくれていたようなのですが、ご機嫌とりもあるのかジュースにお菓子を買い与える。
子どもたちを抱えての食事作りは大変なので三食ともコンビニやスーパーのお総菜を利用。
やっと一日が終わると夫は頑張った自分にいつもより多目のアルコールとおつまみでこ褒美をしていたようです。
私が良くなるまで文句も言わず、家事と育児に奮闘してくれた夫には感謝です。
でも、普段はその二日で使ったお金で私は一週間は暮らせるよう工夫しつつ節約しているんです。再び熱が上がりそうな気持ちでした。
妻であり母である私の体調管理は家計管理だと深く感じた出来事でした。

言うまでもなく、今回は次のお給料日までさらに節約に気を引き締めるしかありません。私の場合は、スーパーに行く回数を減らす事が手っ取り早い節約術です。行ってしまうと、お得だとつい買ってしまったりするので回数を減らして冷蔵庫にあるものでやりくりを考えます。